ガオル戦記

ガオルとは、山形弁で弱る・疲れきるという意味
自転車であちこち走り、七転八倒する様を書いていきます

2013年06月

BRM622 富士大回り400

いやあ、優子。

富士大回り400km、完走しちゃったよ。


うん、私もびっくりした。


やっぱり人生諦めないと、良い事あるもんだな~。


あのさ、たかが遊びなんだから、なんでも人生訓にしない方がいいよ。

ジジ臭い。


ジジイ言うな!


ということで、遅くなりましたがBRM622富士大廻りを振り返ります。


台風が心配されたが、田村編集長(社長?)はじめ何人かの強力晴れ男のお陰で快晴となった。

P1000448














暑かったね~。


うん、東北人には辛い。

だからセーブしながら道志みちを登って50km地点の通過チェックには10時に到着。

平均17km/hだからここまではまったく予定どうり。
P1000453














 P1000457
 












どこから狂ったの?


それがわからないんだ。

道志みちは斜度はたいしたことないのだが、とにかく長い。

こんなに60kmも登り続けたことはないので、水分補給・カロリー補給をしながら充分気をつけて来たはずだったのに。


また脚が攣ったの?


そうなんだよ、突然。

山伏トンネルを抜けて、山中湖へ爽快なダウンヒルだったはずなのに右脚が攣って、左もすぐに。

湖畔の使われてないバス停で芍薬甘草湯を飲んで、アミノ酸と炭水化物粉末を摂取して10分ほどストレッチをしたが、完全にはよくなるわけもなく、しかたなくよたよたと走りだす。


富士山は?


本来はここで、ど~んと富士さんがどや顔して現れるのだが、世界遺産なんて怪しげなものに登録されてご機嫌斜めだったのか、お隠れになったままだった。
 P1000464














とにかくこのままじゃあと340km以上も走れるわけもないので、休養とガツンと補給ということで、富士吉田のすき家に飛び込む。


ところがこれが大失敗。

混んでいるからか、注文にもきてくれない。注文しても持ってこない。やっと持ってきたら間違えている。謝りもしない。時間は無駄に過ぎていく。

やっと注文の品を持ってきたと思ったら異様に肉が少ない。


てめーこの富士吉田のすき家!
 

肉の量、山形の3分の1だったぞ!

ブルベの命を削るような貴重な時間を無駄にされて神経も逆なでされて、何か全てが疲れ果ててまたはるか遠くのゴール目指して漕ぎだしたのだが。


だー、駄目だ。
 

富士吉田から本栖湖までの登りをよたよた走りだしたのだが、たかが4kmほどのところでまたダウン。セブンイレブンで緊急休憩を余儀なくされた。

なんとも全身に力が入らない。

もちろん貯金は0どころか刻一刻とマイナスとなっている。


自分を呪ったね。一応冬から準備して努力もそれなりにしてきたつもりなのに。

優子の言うとおり、今回は何があってもタイムアウトまで頑張るつもりだったのに、頑張ることもできずに力なくタイムアウトを迎えるという最悪の展開。


コンビニの路上に横たわったまま、陽炎がたつ道を見るも、もう反射ベスト種族は誰も通らない。

また最後尾なんだろう。

何を飲んでも、何を食べても回復する兆しはない。


これは、もう・・・だめかもしれない・・・優子ごめん。

何も出来ずに終わってしまったよ。

諦めのため息が大きく吐き出された、その時


ん!?


気持ち良い?


そう、ため息がやけに気持ちよかった。


もしかして?


おもむろに起き上がって深呼吸を繰り返す。

吐くときに口をすぼめ、肺の中の二酸化炭素を全て出すつもりで吐く。

異様に大きな音がし、小さな女の子が恐怖に立ちすくんでこちらを凝視しているが、かまうこっちゃない。こっちは必死なんだ。


効く、効いてきた。

驚いたことに、身体中に力がみなぎると同時に脚の攣りも緩和されてきた。


これかあ!!

酸素不足だったのか?


長くゆるやかな道志みちの登りで、あまりハアハアしないできたせいで酸素不足に陥っていたのかもしれない。


いや理由なんてなんでも良い。結果論として呼吸を早めることでまた走れるようになるのなら、それで充分すぎる。


この坂さえ登っちゃえば、後はPC1まで標高差700mのダウンヒル。

見違えるような足取りであっという間に本栖湖到着。


本当に今までの半病人状態は何だったんだろう?


そして念願のダウンヒル。最後にまたちょっと登り返しがあったが、こんなのは勢い良くダンシングでねじ伏せてPC1に14:32に滑り込んだ。

なんとDNFどころか50分の貯金も出来た。


地獄からの生還ということね。


本当に、そう。

また走れることが、嬉しくて嬉しくて。


ここからは、富士川沿いの登りと下り、そして海沿いを平坦基調のまま中伊豆のPC4まで計算できる道のり。

この虎の子の貯金50分を減らすことなく走れれば勝機も見えてくるはず。


そしてその通りの展開となった。

南アルプス市までの道のりは蒸し暑くダラダラとした登りが続き苦しめられたが、呼吸に気をつけながら乗り切り、中伊豆PC4に23:37に到着。なんとか貯金を2時間に増やすことが出来た。

P1000468













   P1000475













ここからは約130km。

眠気に注意しながら、伊豆の山を超え、伊東~熱海~小田原の海沿いアップダウンを超えれば後は平坦。

P1000479














だあれ?前方のお二人は?


これは、え~と田村社長とN女史さん。

速いのなんのって、とてもじゃないけどついて行けなかったよ。


眠気覚ましと集中力維持のため、予定どうり熱海と小田原でコンビニ自主休憩。


小田原へのダウンヒルの最後に朝焼けに染まる海を見ることが出来た。
 P1000483














興津400DNFで見られなかった努力のあとの神様からのご褒美ね。


うん、ブルベやっててよかったと本当に思った。

茅ヶ崎の最終PC5には5:57分着。残り38kmで1時間半の貯金だから、完走が現実のものとなってきた。

P1000485













   P1000488














そして暑さと信号峠に苦しめられながらも8:41分にゴール。

25時間41分の旅が終わった。
 写真














お疲れさま。

今回は、諦めないで頑張ったの、偉かったね。

やれば出来るんじゃん。


そうか?

そうだよな?やれば出来るんだよ僕は。


あれっ?骨折してた左手首は大丈夫だったの?


骨折?

ああ、そうだったかな?


まあ、あんがい図太いのね。


気合だよ、気合。わっはっは。


最終PCからゴールまで、何かムニュムニュつぶやいてたの、あれ何?


ああ、400kmでこんなに疲れるなら600kmなんて絶対「無理無理」って言っていたんだ。


そうね、北海道600は諦めて、今年これから練習してもう少し速くなってから来年挑戦した方がいいかもね。


あっ?ああ、うん・・・・。


ねぇ、今なんか巨大なダンボールが宅配されてきたよ。これ、なあに?

写真-1














あ、う、いや、何かな?


カンガルー便の自転車専用箱って書いてある!

まさか、北海道用?


いや、まあ、一応、なんていうか・・・


ああっ!北斗星も申し込んでるし、帰りの飛行機のチケットもとってるし、えべおつ温泉もちゃっかり予約してるじゃん。

何が無理無理よ。


だって、北海道完走すればSRなんだぜ?


呆れた。死にそうな顔で無理無理言ってたのもう忘れたの?


いやあ、だって400km走っても脚まだ残ってたし、月曜日からちゃんと仕事出来たし、これなら600kmも走れるかなっていう気がしてきたんだ。


信じられない・・・・


なんで?

僕はやれば出来るんだよ!

もう今回で呼吸法がわかったから鬼に金棒さ。


そう、これからAJ神奈川さんの714会津ブルベトライアルで暑さに慣れて、そうして北海道で完走すれば・・・。


完走すれば、僕も晴れて念願のSR様さ。

シューペル・ランドヌール・・ああ、なんという甘美な響き。

口をすぼめてもう一度言ってみよう。


シューペル・ランドヌール ♪


いやあ、今から楽しみだな~。

早く8月がこないかなぁ。わっはっは。


・・・。


調子こいてるこの大馬鹿もんの代わりにAJ西東京のスタッフの皆様にお礼を申し上げます。

温かいもてなしと後方に並走スタッフがいらっしゃることで安心して走れたそうです。

本当にありがとうございました。


AJ北海道のスタッフの皆様、そんなこんなでどうも8月3日にはお世話になるそうです。

今調子に乗って舞い上がってますが、当日までにはきっちり絞めておきますので、どうかよろしくお願いします。


あれ、優子なに?

こら、乱暴はやめなさい!

あっ!

ごめんなさい。

たすけてくれ~!!!













空白期間 その2

400km2つ連続DNFだったので、今度は61日にいきなり埼玉600に挑戦することになった。


実は4月末の連休で宇都宮から日光・会津、ぞしてビーフラインと試走してきている。
P1000352













酷い向かい風に悩まされたが、郡山の健康ランドで3時間くらい寝れるだけの算段はついた。

本当は日付が変わる前に白河のビジネスホテルに入り、ちゃんと寝て朝走りだすということをしたいのだが、それは貧脚には叶わぬ夢。


しかもコース変更がありビーフラインの代わりにまた日光に登り返すようになった。こっちのほうが楽だ。


全線走ったことがあるコースであり、練習でも調子が良く、正直この600kmには期するものがあったのだが。


なんと親しい親戚の方が亡くなり葬儀が6月2日にとり行われることになった。

どうしてもブルベに出たくて欠席することも真剣に検討したのだが、まあ、それをやっちゃお終いよ的な人非人行動はさすが取れなく、泣く泣くDNSの連絡をしたのだった。


6月2日、本当に呆れるくらい快晴の空に向かって故人の魂が昇っていくのを見てて、胸の中が悲しみと虚しさでいっぱいになったが、あれはどういう意味だったのか。


走れなかったストレスはとんでもない事件を引き起こす。


翌週火曜日、定時で帰れたので近くの山へ練習ライドに出かけた。

ものすごく調子が良く、去年や春先に比べ明らかな成長の跡が見られた。

なおのこと連続DNFとDNSが悔やまれ、町に戻ってきてもいつもとは違うテンションで高速走行をやめなかった。


大きな交差点に30km/hほどで向い、歩行者信号が点滅したのでダンシングをして更に加速をしたのだが、右折車が数台曲がっていった。


軽自動車が自分が直進してくるのを見て右折をやめ停まったと思ったその時、突然また右折を始め40km/hほでで交差点に直進で入ってきた自分に立ちふさがった。


ぶつかる!


急ブレーキをかけるが、間に合わず。

最後ぶつかる瞬間、後輪をすべらせ車体を左に倒し左手で受け身を取りながら倒れた。


幸い、車にはぶつからなかったが、左手首を痛めてしまった。


一応クルマの運転手さんの免許証の写真を撮らせてもらって、何かあれば連絡するということで別れ自宅に戻った。


左手首の痛みは段々増してきて、ちょっとやばい感じになってきたので、緊急病院に行ったら骨折しているとのこと。


全治1ヶ月だそうだ。

写真 














それじゃ、最後の砦6月22日の富士大廻りもDNSじゃないか。


400kmを完走したことがなくて、8月北海道まで行って600kmに挑戦していいものなのか。

福島のお寺美人さんと違って、自分にはとてもその勇気がない。


とにかく養生して622に間に合うか天に祈りを捧げるしか無い。


へぇ~養生ね~。

その週の土曜日、山寺の1015段の階段を2段飛びで二往復もしたの誰でしたっけ?

写真-1 





















うっ


次の日曜日、ギブスをしたまま1日かけて面白山縦走登山をするの養生って言うのかな?
P1000438







 






あうう。


おまけに、その次の週の日曜日には手首に負担が掛からないとか言って、小径車で1日じゅう山々を走り回ったのも養生なんだ?


だ、だって、我慢出来なかったんだ。


普段の練習はしない。我慢しなきゃいけない時に無理をしてしまう。

そういうのって意思が弱い人の典型よ。


ぐむむむ。


で、どうするの?

週末の400kmブルベ、出るの?

台風来てるよぉ・


た、台風怖い。


じゃ、またDNSするの?


だって、今回DNSすると冬から頑張ってきたのが、無駄になっちゃうし・・・。


じゃ、出るのね?


いや、雨とか風が強いと危険だから、ほら。


なら、やめなさい。その代わり北海道もSRもみんな無しだからね。


いや、あうう、えーと、どうしたらいい?

手首、まだ痛いし、インナーからアウターへ満足に変えられないし。

でも、行きたいけど、台風だし、でもホテルの予約も済んでるし・・・

ねえ優子様、どうしたらいい?


え~い、自分じゃ決められないの?男のくせに?

ああ、情けない!

じゃ私が決めてあげる。


行くのよ!


えっ?


行って男のド根性見せて散ってきなさい!

無理でも条件が悪くても男ならやらなきゃならない時があるでしょ。

今がその時よ。


えっ?えーー?だって?


え~い、うるさい!
 

死ぬのよ。死ぬつもりで頑張ってきなさい。

死中に活ありってね、昔の男は本当に格好良かったわ。


・・・・。


ツイッターで若いピチピチのねーちゃんがいいだの、私はボロボロだのと言った罰よ。

行って台風で死んできなさい!

いいわね!


は、はい。

仰せのとおりにします。









空白期間 その1

久し振りねぇ。


あっ、うん、そうかな。


もうこのブログは閉鎖かと思ってたよ。

朝、PIPIさんに叱られたんだって?更新しなさいって。


えっ?う、うん。


どうして私の言うことは聞かなくて、PIPIさんだと従うの?


だって、あの方は美味しいものをたくさん知っているし、美人と友達だし、人生の楽しみ方を知っている凄い人なんだぞ。


へ~、そうなんだ?

まあ、いいわ。今までの空白期間をどうやって報告するの?


どうしよう。どうしたらいい?


知らないわよっ!ぜ~んぶ自分のせいでしょ!


冷たいなぁ、え~と、何からいけばいいんだ?

忘れちゃったよ。


511の興津400のヘタレDNFから行けば?


ああ、そうだね、興津から簡単に書くか。

あれは、ちょうど今日のような雨が降り続く日だったんだ。

写真












 


大雨の朝、憂鬱な気持ちで駿河健康ランドの体育館でブリーフィング。

うっそオオオオというくらい人が少ない。

DNSが54人、出走30人らしい。

こんな日に400kmも走ろうってんだから、見るからにベテランのオーラが漂う凄そうな人達ばっかり。

知り合いのYO-TAさんが清水のホテルから自走で、もうびしょ濡れになって駆け込んできてご挨拶。

知り合いに会えて、ちょっと気持ちがホットする。


さあ、行こうという時にトイレに行きたくなって出遅れ、最後尾スタート。

轟音をあげて雨が降り注ぐ。


冨士川から上りに入った頃、チェーンを落としてしまい、一苦労して直す。

せっかく何人か抜いたのにまた最後尾。


PC1が80kmほど先と遠いので、40kmぐらいのコンビニで自主休憩したら、ブルベーだらけで皆考えることは同じらしい。


ちょうどYO-TAさんが出る所で、もうお会いできるのはここが最後ですねと挨拶したら、それが本当になってしまった。


PC1には1時間の貯金で到着。これは予定どおり。

とにかく蒸すので心拍を130縛りで汗をかかない作戦実行中。


またトイレに行きたくなってしまった。

冷えたのと昨晩焼肉を大量に食べ過ぎたか。


そしてここで致命的なミスを犯す。

PC1を出て、8kmほど過ぎて気がついた。

「トイレにブルベカードを忘れてきた」


戻るしかないよね?


戻りました、PC1に。

ありました、トイレにブルベカードホルダーごと。

そしたらついでにもう一回トイレですっきり。


再びPCを出た時には貯金は0。

もちろん再び最後尾。
全速力で戻ったので、インナーまで汗でびっしょり。
せっかくの心拍縛りも元の木阿弥、貯金も元の木阿弥。 


一人で大雨の中、甲州街道を信州へ向けて登るも、モチベ下がりっぱなし。

大型車がしぶきを上げてすぐ横を通り過ぎる。

延々と続くいやらしい上り。

イーブンペースを維持するのが精一杯。

アイウェアに雨がかかって前方の視界が悪くなる一方。


夕方には晴れるという予報もあったが前方の信州の方向は黒い雲に覆われ、これからず~と雨の覚悟を余儀なくされる。

時間に余裕がないまま、濡れて深夜冷えてきたらどうしよう。

調べておいたコインランドリーでの乾燥やすき家での食事など、すべての計画が狂ってしまった。

真冬の房総300や季節外れの寒波に襲われた先日の埼玉400の恐怖が蘇る。


誰かが言っていたなぁ、DNFするなら小淵沢だって。

それなら今日中に戻れる。

ああ、小淵沢の標識が・・・


その時、大型トレーラーがあげた水しぶきが全身にシャワー状にかかって全てが濡れネズミになってしまった。

頭の中でプツンと何かが切れる音が実際に聞こえた。


や~めた!


迷うことなくUターン。雨に濡れるのも構わず携帯を出してDNFの連絡。

「DNFの理由は何ですか?」と聞かれ、口ごもったが、「機材トラブルですっ!」と嘘をついて。


なんだか分からないが興奮状態に陥り、猛然と甲州街道を韮崎まで下り、中央線・山形新幹線と乗り継いで帰ってきてしまった。


家に戻ったのはいいけど、なにしろ100kmしか走ってないので、体は全然疲れてない。

頭の中はDNFが妥当だったのかどうかの自問でグルグル。

一睡も出来ずに朝を迎えた。


自分と同じ最後尾グループだった人のツイッターで、雨は深夜にあがり朝焼けに染まる南アルプスの神秘的な写真を見て胸が締め付けられるような後悔に襲われる。


もし続けていれば、自分も見れる光景だったのに。


ふ~ん、じゃ今じゃDNFを後悔しているんだ?


そうとも言い切れないんだよね。

あのまま続けていれば、当然時間がないから下りとか無理するだろうし、リスクはそうとうあったし。

どこまでこのブルベという遊びにリスクをかけるかは、判断が難しいところだよね。


そんなこと言って、その後ノーリスクのはずの地元の練習走行で落車して手首折ったくせに?


うう、優子、それは言わないでくれ。










カテゴリー
  • ライブドアブログ