BRM308宇都宮200茂木に行ってきました。

ふふふ

な、何が可笑しい?

だって

そりゃ3週間もブログ放ったらかしにしてたのは確かに悪かった。

ギリギリ追い詰められないと何もしない、その根性の無さに呆れたの。

ぐぐぐ

だって明日、もうアタック日光東照宮に出かけるんでしょ?

う、うん。

さあ、さっさとブログ終わらせて、明日の用意しなさいっ!

は、ハイッ!

今回のコースは那珂川沿いのアップダウンと道祖神峠そして息つく暇もなく上曽峠というコース。
景色もいいし、やっと山登りが出来ると楽しみにしていたのだが、なにしろ前日の天気予報がすごかった。

気象庁は、前線を伴う低気圧が本州南岸を発達しながら通過するため、関東甲信の山沿いでは3月2日に大雪となる恐れがあると発表した。】 

 暗〜い気持ちで宇都宮に前日入り。
明日はたぶん無理だなということで、せめて名物餃子を腹一杯食す。

IMG_1110













明けて3月2日早朝4時。
ホテルの窓を開けると、凍りつくような冷気とともに豪快にアスファルトを叩く雨の音が飛び込んできた。 

「こりゃ、命あっての物種、はい、止め、止め、DNS決定」

ということで二度寝の後、用意もせず一応スタート地点のサイクリングセンターまで車で行って、スタッフの方にDNSを告げることにした。

ホテルを出ると外はまだ真っ暗闇。
外気温1度。
氷雨がフロントガラスを叩き、ワイパーがせわしなく雨滴を拭い去る。

その時、前方に光り輝きながら揺れる物体を発見!

まさかと思ったが、そのまさかでブルベライダーが辛そうに俯きながらも、揺るぎない強い意志でサイクルセンターへの道を登っている。

この天候で出走するバカ 勇者がいるのか!

そしてほどなくまたもう一人の勇者を追い抜く。

本当に驚くとともに少なからず感動してしまった。

だってあんた、気温1度でっせ。
しかも予報で午後から大雪になるっていってまっせ。
なにが楽しゅうて、こんな時に自転車乗るんでっか?
冗談抜きに死にまっせ!

サイクルセンターに着くと、いるいる、バカ勇者がたくさん。
バカ勇者の中に肩の痛みに苦しんでいるはずのちゃりけんさんも何故かいる。

IMG_1111
 












突然、身体中にアドレナリンが漲り、そのバカに付き合ってみたくなった。
大急ぎで着替える。
完全な防寒体制と降雨対策を施すのに時間がかかってしまい、3番目のウェーブスタート となる。

なぜか冒険の船出のようなハイテンションで、サイクリングセンターを後にした。

・・・

それで?

完走したさ、もちろん。12時間55分かかったけど。

ふ〜ん。


いや、それは辛かったけど、心配してた雪は降らなかったし、雨もそうでもなかった。
寒かったけどね。朝より昼のほうが寒いくらいだったよ。
でも装備をしっかりして行ったから、なんとかなったのだと思う。

じゃ予定通りってわけ?

そうさ、自分の実力と天候と安全を考慮して最初から12時間半ペースで行こうと思ってたから。
峠は汗かかないように超ゆっくり登ったしさ。
途中でハンガーノック気味になって30分遅くなったのが誤算だけど。

寒いと普段よりエネルギー使うのよ。

それと、お守りのお陰かな。
P1000875
 











この「てる坊」と「無事カエル神」の御利益はすごい!
なにしろ、エントリー120名に対して47名の出走。完走者44名。
この44名の馬鹿者の中に入れたのはちょっとばかり自信になった。

だけど自転車泥々になって、自転車屋さんにオーバーホールに出したんでしょ ?
幾らかかったの?

IMG_1113














うん?いくらだったかなぁ?

あら、こんなところに自転車屋のレシートが落ちてる・・・

あっ、だめ、あっ。。

ろ、ろくまんえんーーーーー!!!!!!

わわわわ 

 こ、このろくでなしの、おおばかやろー!